純正トップボックス&パニアケースを装着

今まで布製バッグだけでも十分かなと思っていましたが、特に雨中を移動しなければならなくなった経験から、その際に「ハードケース導入しよう!」と決心しました(汗笑)。

 純正の35Lタイプを早速ネットで注文。 今回は、数日で届く結果になりました。

更に純正パニアケースもあわせて手配し、一気に積載能力の向上を狙います。この他にも、パニアサポートステイ装着や専用リアカウルへの換装などが必要で、思った以上の大事となりました(汗笑)。

 装着に際しては、ワンキーシステムのキープロックの設定(?)がかなり手間を必要とし、更にNCではなくTDMの鍵を間違えて設定(!)してしまったため、作業にかなり手こずりました。

作業自体は、ステーとフックをボルトオンするだけで済みました。
(トップボックス取り付け時に、作業の半分は終わらせた様な形のため)

積載能力はバッグなしでも100Lを越えることになり、買い物遠征ツールの相棒として、非常に頼もしくなりましたね(^ ^) すり抜けの車幅感覚は、ハンドルのクリアランスとそう変わらずにいけます。但し車重増やバランス変化があるので、低速で必要な時限定かもしれません。

あと、余談ですが足の短さゆえか、乗り降りに必ずどこかにぶつけます(泣笑) > ブーツ→ケース

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。