今度はTDMのアクスルシャフトを換装。その効果は…

NCのアクスルシャフトを交換する記事から早半年(汗笑)。 実際は暫し前になりますが、本命であるTDMのアクスルシャフトを交換してみました。

【参照】 P.E.O. ZERO POINT SHAFT フロント(T-100付) & リア

NCの時も実感しましたが、アクスルシャフトを抜くにはホイールが浮いていないと外せません。何か便利なツールがあれば良いのですが、現時点では木板二枚の位置を調整して、高さを合わせています。

タイヤを浮かせたあと、抜きつつあるシャフトの図。
 こちらは引き抜いた元のリアアクスルシャフト。 ノーマルのパーツも中心に空洞があり、持ってみると随分軽いです。重量的にはP.E.O.のパーツとそんなに差がないかも?

外してみるまで実感が無かったノーマルシャフトの構造。

最初の位置決めで難航したおかげか、あっさりリプレース完了です。

交換後、ホイールを手で回してみたのですが、チェーンのオイルが切れ掛かってたためか、抵抗感の差は分かりませんでした。 こちらは実走後に再確認が必要ですね(汗)。

リアが済んだあとはフロント側の交換へ。こちらは巨大な六角レンチを購入するのも勿体ない(?)ので、ユニクロのロングボルトを流用しています(NCよりひとつ大きいサイズ)。

フロント側のノーマルシャフトも貫通仕様ですね。

フロント側はノーマルとP.E.O製を並べて比較してみましたが、やはり重量差は殆どない程、ノーマルも軽量でした→ まさかコレがリプレース品と云うことは…??(汗笑)。

ともかくもスポンと素直に徹ってくれたので、セットの巨大トルクスで締め込み、トルク管理をして作業完了しました。作業においてタイヤ位置(高さ)を合わせて固定する、というところが手間を感じたので、何か良いツールが無いか、探してみたいと思っています ← タイヤ交換も便利になるはず!

作業完了したフロントアクスル。空洞部はノーマルより広く見えます。

 

さて試走してインプレッションを…と申したいのですが、この作業を行った週からなかなか長距離を走る機会に恵まれず、TDMについては暫くあとに検証が遅れそうです(汗)。

代わりと云っては何ですが、NCのP.E.Oシャフト換装後のエビデンスについて、走り出しの抵抗感減少や加速のスムーズさが良くなった等、総じて運行に関する体感が良くなりました。但しよく走ってくれるためか、一時燃費がガクッと落ち(2~3km/L減)、アクセルの開け方など気を使うようにしています。

TDMでも同じ現象が見られるかどうか、今後の検証走行が待たれるところですね(^ ^;)

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。