クニペックスのプライヤーレンチ

車載工具とは別に、オリジナルの工具セットを持って出かけています。  内容も、良いツールがあれば随時変えていく様にしていますが、ツカミ系ツールについては、まだこれぞというモノに出会えていません。

その中で、「これは…」というツールに最近目が止まりました。

ちなみに、単体はこちら。→ クニペックス プライヤーレンチ (SB)8603-150
プライヤーの形状でサイズアジャスト機能を持ちながら、モンキーレンチより精度を大幅に上げたツールで、スパナに近い働きが可能になっているそう。  全長150mmなのでツールバッグにも余裕で入りますし、15mm以上のボルトを締め外しするに際して、これ一本で27mmまで対応可能というのが心強いです → 本品の詳しい紹介についてはこちらで
発注はミニウォーターポンププライアとのセットでしたが、ペンチの高機能代替ツールとして合わせて装備しています。  これらのツールを加えて、再整理してみた携行ツールセットの一覧画像が下になりますね。
メガネ/ スパナとバイスプライア/WPプライアが、まだカブりそうです。

当初に比べて重量は2/3程度になりましたから、最初はどんだけ持ち歩いてたんだという状況でしたが、もう一段装備を絞れそうな印象です。  これまでのトラブルは、パンクを除けばワイヤー切断やネジのゆるみなど小さなトラブルが多くを占めてましたので、外装を外す+細かい作業向けのツールがメインになる様に考えています(エントラ等、走行不能になる程ならロードサービスに頼る形で)。  あと、出先でブレーキパッドの交換までが対処範囲でしょうか。

ともあれ、これらが活躍しないことを祈るばかりであります。
(余談ながら、出先で家電修理とかキャンプ用具リペアの方で活躍する場面が多いですね(笑汗))

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。