アクションカム(GoPro風クローン) を買ってみた

ツーリングレポート等で、GoProなどアクションカムによる動画撮影が各所で見られる昨今ですが、私も興味は持っていたものの、高級機種は価格的に手を出しにくい…と、なかなか機会がありませんでした。  しかし最近、中華製のアクションカム・クローン製品(複数社が販売してるものの、外見はそっくり?) が出回っており、入門用としては適当かなという価格であったことと、口コミもまあまあ(笑汗)だったことから、購入してみました。

AKASO EK7000 4K スポーツカメラと云う製品で、見た目はちょっと廉価感が漂ってるのですが、防水ケースや取り付けヒンジ、防水リモコンまで付属品に入っていて、使い勝手は良さそうです。

ちなみにNC700Xには、既にMio128と云うドライブレコーダー(PGS機能付・現在は廃盤)が装備されているのですが、解像度が低くて動画コンテンツや夜間の撮影に向いていないことから、動画記録の他にドライブレコーダーとして使えるか評価するためにも、これを追加で装備してみました。

付属のカメラマウントが強度的に不安だったため、社外品のカメラクランプを使って、カメラ付属品の防水ケースを固定しています。

マイクロUSBコードは、防水ケースを付けていると挿せないのですが、自己責任で本体のマイクロUSBソケットがある位置へ防水ケースを削ってスリットを開け、USBが挿せる様にしています(ここは後にガスケットで防水する予定)。

 ちなみにUSBコードは、カウルの隙間を介してラゲッジボックス内のモバイルバッテリー(画像のは容量13k mA)に繋ぎ、電源を供給しています。 カメラのバッテリー容量だと短時間で消耗してしまうため、走行撮影ではモバイルバッテリー必須ですね。

こちらが専用リモコン。動画と静止画の撮影スイッチに分かれます。 これがあると録画スタート/停止毎に本体に触れる必要が無いので、非常に便利です。

カメラの撮影解像度は720, HD1080p@30/60fps, 2.7K, 4Kの 4モード。 ループさせる場合は HD1080が上限となります。 試しに設定を変えて 2.7Kにしてみたら、ファイル容量が3倍になって4時間しか撮れませんでした(汗) ← そも 4Kモニターが無いと、意味がない??

ちなみに記憶媒体に関して、メーカー推奨は32GBまで…らしいのですが、試しに128GBのマイクロSD(SanDisk SDSQUNC-128G-GN6MA)を挿したところ、正常に録画を開始してくれました(汗笑)。 HD1080p/60fps設定で 12時間録画出来ると示されていることから、これならレコーダーとしても十分な容量だと見ています。

あとはツーリングに行って動画を撮るばかり…なんですが、その機会を得るのが一番大変かも?(^◇^;)

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。