いにしえの自販機探訪 千葉篇(後編)

いにしえの自販機 探訪後編になります。

一軒目の「オートパーラーシオヤ」から、銚子方面に40km離れた香取にある「丸昇 小見川店」へ向かいます。  道中は大部分が農業道路で、森と田畑が連なる風景が続きますが、神栖方面の道路標識が見られ始めたぐらいの処、ちょっとした町並みの中に店舗がありました。

昭和のドライブイン然とした構えですね。
入って直ぐが自販機コーナーで、奥にゲームやスロットのコーナーがあります。

自販機コーナーのパノラマ画像。種類も多く、トーストサンドやお弁当販売機も設置されていました。  お目当ての麺自販機は二台。うどんのほか、片方は天ぷらソバ、もう片方はラーメンのボタンがあります。

今回は折角なので、天ぷらうどんとラーメンのかけもちをしてみました(計三杯w)。  コインを投入してボタンを押すと、特徴であるニキシーのカウンターが待ち時間を表示します。
取り出し口からグッと押し出されてくる丼。  メラミン製というのも懐かしさを醸し出してくれます。
シオヤに引き続いて自販機麺のうどんと対面!
熱からずぬるからずの丁度良い温度で、うどんも比較的火が通ってます。  天ぷらはゲソや春菊が入ったなかなかの本格派。ダシも濃いめながら専用? 市販ダシと違った味わいです。

更にこちらはラーメン。太めの中華麺がしょうゆ味のスープに入って、チャーシューや具材も乗っています。

スープが沈んでいる場合があるので、食べる前によくかき混ぜます。  こちらも程良い調理温度で、思った以上に麺に火が入って柔らかいですね。  時にはボソボソのもあるので、これは当たりでしょうw
自販機をバックに記念の一杯。

今回、早朝と云うこともあってスムーズに移動が出来ましたが、日中は比較的混みやすいルートを挟んでいることもあり、思い立って走ってみたのは正解だったかも? そも自販機のために長駆するのは…まぁ自分ならまたやっちゃうだろうなぁ(笑汗)。

おまけのトーストサンド自販機。お土産にハムチーズを選ぼうとしたら売り切れ…代わりにあんサンドをチョイス。

こちらもアナログな表示が良いですね。

出てきたトーストサンド、厚いフォイルに包まれていますがコレが熱い! 次にはグローブをはめてから持つべきですね(笑汗)。

お味はこしあんを挟んだトースト(当然かw)。素朴と云うか、ジャンクスイートのはしりみたいな味覚でありました(^ ^;)

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。