持ち込みでタイヤ交換を実施 ( 3回目)

通勤で使っているNCのタイヤは減りも早く、平均して半年に一回の割合で交換しています。 しかしこれでは何かと費用が…と云うことで、タイヤ交換の持ち込みをする様になりました。

今回は走行距離49,500km、ちょっと早めでしたが約8,000kmでの交換となります← 短いなぁ(汗笑)

スリップサインが出掛かっている状態。 もうちょっと走れそうですが…

念のため、センタースタンドが外れない様にバンドタイで固定します。


最初にフロントホイールを外しますが、現在使用しているゼロ・アクスルシャフトがなかなか抜けません(汗)。 そこでΦ10mmのキャップポルトが丁度良い大きさだったことから、これを使って優しく打ち抜きます。
プラハンマーでゆっくり打ち出してゆくと、スコンと外れてくれました。
ブレーキキャリパも外して、フレームに吊るしておきます。

交換するタイヤは変わらず、フロントがミシュラン PILOT ROAD3 -120/70ZR17 M/C (58W) 、リアが160/60ZR17 M/C (69W)です。
タイヤ交換は、いつものタイヤショップへ持ち込みでお願いしました。

ちなみにバイクスタンドを使用しているため、ホイールが浮いた状態になり、シャフの抜き差しに支障が出ます。そこでホイールの前後に板を置いて、下からすこし持ち上げる様にしています。

うーん、もうちょっと簡便に作業できる治具が欲しい…
うまくシャフトの位置を合わせたら、シャフトを締め込んで一区切りです。
次に後輪。 こちらも持ち込みで交換してもらいました。
後輪側もシャフト軸を合わせるために、アナログながら(汗笑)板で位置を調整しています。

両輪ともトルク管理をして作業終了です(^◇^;)
回数を重ねて段々と慣れてきましたが、スムーズに進めるにはもう暫く回数が必要かもしれません(汗笑)。
ともあれ、これで一安心です‹‹(´ω` )››

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。