二台同時にオイル交換

なんやかやで久しぶりの記録となりました。人間、余裕が無いと不精に陥りやすいと実感です。

という割には、11月中では積載最大で長野は木崎湖往復したり、出張の名を借りて神戸まで一泊往復したりと、随分楽しんで(?)いることはあるのですがw

ともあれ、通勤メインのNC700Xもそろそろオイル交換時期かな…ということで、週末に二台続けてオイル交換を行いました。

○NC700X

ホンダULTRA G2 10W-40カストロール POWER1 4T
・距離: 4,000km 走行 (OD: 14,500km)

交換前は、エンジン始動がやや遅くて、加速ももったりとした感じ。  また初期からでしたが、シフトチェンジが走行中にシブくなり、やっとでシフトダウンしていたことも(汗)。

そも、オイルグレードが推奨でないということはあったけど…。

   交換後は、始動性の向上(セル一発、バッテリー交換したかと思うぐらい)、ギアのシブさ解消を体感。なにより、同じ回転数で10km前後の速度向上があった。 フケも良い。エンジンオイルの相性って、色々試してみないとなぁと思った体験でした。

ちなみに廻し過ぎるためか、燃費は20km/L まで下落(汗笑)。

 

 

○ TDM900A

ホンダ ULTRA G2 10W-40ホンダ純正 ULTRA G3 10W-30
・距離: 4,500km 走行 (OD: 39,500km)

お嬢の方はもっと酷くて(今に思えば)、元のオイルからG2に変えた後でも、エンジンの始動性がメチャ悪い。それでも、「バッテリーがヘタって来てるのかな? 」と思ってた(ダブルHID+ナビ、ドラレコ等、負担かけてるし)。  加速もまあ、もったりモッタリ。

こちらは大型車推奨(ホンダ談w)ということもあり、買い置きのG3を入れてみました(カストロールとの差も見れるし)。

入れてスイッチ起動後に驚いたのは、一発始動でバッテリー不調なんてモノじゃない。 明らかにオイルがヘタってたか、合ってなかったということでしょうね。

両車とも ホンダG2の余りでフラッシングした後に新オイルを入れてますが、TDMでもギアの軽快化、発進の軽さを実感。 長距離を走ってみないとなんともだけど、改善が体感されたのは良い兆候でしょう。

 

どちらの銘柄も、安値検索で 1,050~1,150円/ L ぐらいのコストでした。

もういちどオイル交換の機会があれば、 カストロール の POWER1 Racing 4T を試してみたいかなぁ(╹ヮ╹)ノ

あわせて読みたい

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。